税金等における一戸建ての考え方

一戸建てには税金が掛かります。固定資産税や都市計画税、不動産取得税などがその代表例ですが、一戸建てとして官ゲルものとそうでないものとがある点に、特に二世帯住宅購入者は注意しなければなりません。 税金面での二世帯とは、実際に二世帯が住んでいるから二世帯住宅という意味ではなく、それぞれが一戸に住んでいると見られるかどうかが問題になります。生活を送る上で、キッチンがあるかどうか、トイレや風呂がそれぞれにあるかどうかなど、それぞれを一戸として見られるかどうかが鍵です。このとき、入り口自体は共通でもいいとしているため、後は動線として見ていって、独立していると見られるかどうかで判断が変わってきます。 仮にその一戸建てが一つとしてしか見られないのであれば、二戸としては考えることが出来ず、一戸として税金が課税されます。通常は税金負担が重くなります。また、要件を満たす場合の軽減も受けられません。 一戸建てとして一つの住宅であっても、二世帯の場合は考え方が変わってくるため、購入や新築を考える場合にはよく考慮されなければなりません。建築時に事前に市町村役場等で、建築設計図などを持参して軽減の話などをしておくことが賢明でしょう。

和歌山エリアの田舎暮らし 佐賀 不動産 3008 6/4

Copyright ©All rights reserved.税金等における一戸建ての考え方.